社会福祉法人 穂積会 

感染症時の書式届

感染症時の書式届

書式

プリントアウトしてお使い下さい
事務室にも置いてあります。

登園届

医師意見書

お薬依頼書

●医師意見書
保育園は乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団発症や流行をできるだけ防ぐことで、一人ひとりの子どもが一日快適に生活できるよう、下記の感染症について意見書の提出をお願いします。
感染力のある期間に配慮し、子どもの健康回復状態が集団での保育園生活が可能な状態となってからの登園であるよう御配慮下さい。

【医師が記入した意見書が必要な感染症】

病名感染しやすい期間登園のめやす
麻疹発症1日前から麻疹出現後の4日後まで解熱後3日を経過してから
インフルエンザ症状がある期間(発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで
風疹発疹出現の前7日から後7日間くらい発疹が消失してから
おたふくかぜ発症3日前から耳下腺腫脹後4日腫れが発現してから5日を経過するまで、かつ全身状態が良好になるまで
咽頭結膜熱(プール熱)発熱、充血等症状が出現した数日間主な症状が消え2日経過してから
結核  医師により感染の恐れがないと認めるまで
流行性角結膜炎発充血、目やに等症状が出現した数日間感染力が非常に強いため結膜炎の症状が消失してから
百日咳抗菌薬を服用しない場合、咳出現後3週間を経過するまで特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療を終了するまで
腸管出血性大腸菌感染症症状が治まり、かつ抗菌剤による治療が終了し、48時間をあけて連続2回の検便によって、いずれも菌陰性が確認されたもの
急性出血性結膜炎ウイルスが呼吸器から1~2週間便から数週間~数ヵ月排出される医師による感染の恐れがないと認めるまで
水痘(水ぼうそう)発疹出現1~2日前からかさぶたになるまですべての発疹がかさぶたになるまで
髄膜炎菌性髄膜炎医師による感染の恐れがないと認めるまで



●登園届
保育園は、乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団での発症や流行をできるだけ防ぐことはもちろん、一人ひとりの子どもが一日快適に生活できることが大切です。
保育園入所児がよくかかる下記の感染症については、登園のめやすを参考に、かかりつけの医師の診断に従い、登園届の提出をお願いします。なお、保育園での集団生活に適応できる状態に回復してから登園するよう、御配慮下さい。

【医師の診断を受け、保護者が記入する登園届が必要な感染症】

病名感染しやすい期間登園のめやす
溶連菌感染症適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後1日間抗菌薬内服後24~48時間経過していること
マイコプラズマ肺炎適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後数日間発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病手足や口腔内に水疱・潰瘍が発症した数日間発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が取れること
リンゴ病発疹出現前の1週間全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎(ノロ、ロタ、アデノウイルス等)症状のある間と症状消失後1週間(数週間ウイルスを排泄しているので注意が必要)嘔吐、下痢等の症状が治まり普段の食事が取れること
ヘルパンギーナ急性期の数日間(便の中に1か月程度ウイルスを輩出しているので注意が必要)影響がなく普段の食事が取れること
RSウイルス感染症呼吸器症状のある間呼吸器症状が消失し、全身状態が良いこと
突発性発疹 解熱し、機嫌がよく全身状態が良いこと
RSウイルス感染症呼吸器症状のある間呼吸器症状が消失し、全身状態が良いこと
帯状疱疹水泡を形成している間すべての発しんが痂皮化してから

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional